市中感染か(2次感染)を確認 日曜日の夜で8人に増加

カンボジア

  お知らせ

                           

2020年11月30日

28日(土曜日)に確認された政府高官の妻の新型コロナウイルス感染は、同日夫である刑務所局長も感染が確認され、さらに29日、同局長家族6人全員の感染が確認された。さらに別の2人の女性が(刑務所局長と接触した内務省職員の配偶者である)、同局長夫妻の濃厚接触者として検査の結果、新たな感染者として確認され、これで計8人の感染者数となった。

同刑務局長家族以外の2人のうち1人は主婦で内務省情報局の職員と結婚しており、もう1人は銀行員で副局長の妻である。

全国7か所に検疫施設を設ける

そのため、イオンモール1号店、内務省、刑務所、シェムリアップ、バンテアイメアンチェイ、AIS、タクマウの私立学校など、3,000人以上が検疫を受けている。2人女性の夫は最初の検査で陰性であったが、さらに最大3回の検査を待つために隔離された。

刑務局長の所属する内務省、大規模な検疫にはいる

また、内務省管轄のSar Kheng副首相、Koeut Rith法務大臣、Say Sam Al環境大臣、およびいくつかの内務省長官はすべて、検疫での最初のテストでは、新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陰性であった。

*掲載写真 新型コロナウイルス感染の疑いのある患者を病院に運ぶのを待っている救急車。 画像:Khmrttimes

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP