当局 自己隔離を無視のフランス人感染者と接触した57人を追跡・検査

カンボジア

  お知らせ

                           

2020年10月09日

「検疫無視の入国者」続報

無責任な入国者の迷惑な話である。前回投稿した当局よりの検疫中の自己隔離を無視して、シェムリアップの街を出歩き、複数のパーティーへの参加したフランス人男性の感染者についての続報です。

自己隔離を無視した同感染者のため、保健省はシェムリアップ州で彼と接触した57人を追跡し検査する羽目になりました。

保健省の報道官:OrVandineは8日、「私たちは検索を続け、彼と直接および間接的に接触した合計57人を見つけました。これらには、彼の友人、彼と交流した人々、彼と一緒に食事をした人々、彼がいた場所やプールに行った人々などが含まれていました」と述べ。「57の検査すべての結果はCOVID-19に対して陰性でした」と付け加えた。さらに「これとは別に、プノンペンでは、チームは[彼の飛行から]乗客も見つけ、彼らはテストで陰性でした。他の乗客は母国への乗り継ぎ便で戻ったため、テストできませんでした」とも述べた。

政府も地元メディアも「検疫無視、逃れ」の無責任な入国者への非難の論調

さらに同報道官は、「コロナ対策緊急対応チームは連絡を取り合っている人を探すために昼夜を問わず」働き「感染者が協力しない場合、彼の活動についての真実の答えや情報を提供しない場合、または彼が情報を隠す場合、チームは彼らの仕事をするのが難しい」と述べ、無責任な入国者に対する非難の論調を高めています。

国民感情としては、「無責任な感染者に、それに伴う費用の全額を払わせろ!」の声が出てくること怖れがあります。地元メデイアの記事では、非難の論調の高まりが見られます。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP