扶南・オケオ文化の発掘品(国宝)切手を発行

ベトナム

  お知らせ

                           

2020年08月25日

このほど情報通信省から、3つ国宝Avalokitesvara Deity、HòaBìnhBuddha、Brahma Godの像の切手が発行された。
*掲載写真— ictvietnam.vnより
*オケオ文化のリンガとヨニ、古代クメール文化では、祠堂祠堂中央部に安置 されたシヴァ神、生命の源の象徴。 画像:tuoitrenews.vnより

オケオ:古代クメール文化発祥の地:扶南の外港

オケオ遺跡は、カンボジア最初の王国(インドシナ半島地域での最初の王国)扶南(ふなんー漢文史料、紀元後2-5世紀)の外港として発展した海市で、遺跡には当時の煉瓦造りの住居址が残っており、また付近からローマ時代の金貨も発掘されている。

カンボジアに伝わる建国神話によれば、インドから渡来したバラモン僧カブジャが土着首長と婚姻によって成立した国で、古代中国史料に残る扶南(ふなん)とは、カンボジア語のプノン(山、丘)に由来すると言われている。王都は、現在カンボジア東部のバ―プノンに置かれ、6世紀に東南部のアンコールボレイ(タケオ州)に遷都している。オケオは古代はタイ湾に面する地でこれらの王都とは河川や運河によって結ばれていた。オケオ付近には、今でもクメール族(カンプチア・クロム)の集落が多く残る。

3つの国宝、扶南文化の粋

同ベトナム国宝の3つは、いずれもベトナム最南部のアンザン省のオケオ古代遺跡付近から発掘されたもので、情報通信省がアンザン省の人民委員会と連携して記念切手として発行された。3つの切手は、画家グエンドゥによってグラフィックスタイルでデザインされたもので、。3つの切手で1組として構成されています。

最初のデザインは、古代インドの神Avalokitesvara像。この種の像で唯一のもので、8世紀と9世紀のベトナム南西部のEvalokitesvara像とEc Eo文化の代表するものである。2つ目は仏像で3世紀と4世紀のÓcEo文化の彫像の代表とする。2つ像は2013年に国宝に認定され、現在、ホーチミン市立歴史博物館に保存されている。3つ目の切手は、6世紀から7世紀のブラフマー神の像が描かれています。この像は、アンザン省トーシ・ソン区のオケオ(ÓcEo-BaThê)遺跡地域の西に位置するGiồngXoài遺跡地域での栽培中に発掘されました。アンザン省博物館に保管されている。オケオの文化それは、カンボジアでは扶南文化としてまとめられ、いずれも古代インドのグプタ朝文化の色濃い影響が窺える。グプタ朝文化では、ヒンドゥ教(土着の神々)と仏教が共存・融合しており、その後のカンボジア(クメール)文化に受け継がれて発展した。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel