捕獲された野生ゾウは飼育下で誕生したゾウより短命 ミャンマーより

ミャンマー

  お知らせ

                           

2018年09月27日

ミャンマーの木材伐採産業のゾウが研究対象

ゾウは、古くから人と交流があり、東南アジア大陸部では人間に使役される動物で最大のものである。画像:Webサイトより

ミャンマー国内紙の報道によると、このほどフィンランドのトゥルク大学(University of Turku)の国際研究チームは、ミャンマーの木材伐採産業で働くために捕獲された野生のアジアゾウが、飼育下で誕生したゾウより寿命が3~7年短いという研究結果を発表した。
人間はさまざまな目的のために3000年以上にわたり野生のアジアゾウを捕獲しており、個体数が減少した現在も、捕獲が続いている。トゥルク大学の研究チームは、ミャンマー政府が有する1951年から2000年の個体群統計学的記録をもとに、同国の木材伐採場で働く5,150頭のアジアゾウを調査分析したという。これらのゾウはもともと野生のゾウであり、捕獲された後に働くことを強いられている。

古くから木材伐採産業ー運搬に使役される元野生ゾウ。 画像:ミャンマー国内紙より。

ゾウの個体数を増やすための代替方法が必要

一般的に、野生のゾウは動物園などで飼育されているゾウと比較すると死亡リスクが高いが、これらの比較は主に野生と動物園という環境での食事や運動、病気などの違いを示している。が、こn研究チームの調査結果では、飼育下で誕生したゾウの寿命は30~45年であったが、野生ゾウの寿命は数年短くなるという。今回の研究結果から調査チームは、野生ゾウの捕獲方法にかかわらず、捕獲後の生活が負の影響を与えているという結論を導き出している。同研究チームは、捕獲と飼育による長期的ストレスや社会環境の変化は、捕獲された野生ゾウの寿命を短くする可能性があるとして、個体数を増やすための代替方法を見つけるべきだと提言している。

世界の動物園のゾウの6割以上は野生で捕獲

ゾウさんは、世界のどこの動物園でも子どもたちの人気の的だが・・・ 画像:Webサイトより。

ちなみに、動物園で飼育されているゾウの60%以上が野生で捕獲されているという。

 

 

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel