政府:プーケットサンドボックスは順調と強調、一方で入国感染者6人を確認

タイ

  お知らせ

                           

2021年07月13日

政府の報道官は12日(火曜日)に、経済と観光の活性化を目的としたプーケットサンドボックス計画(プ―ケットモデル)は順調に進んでおり、観光客が到着し続けているが、その成功はSNSソーシャの「フェイク」によって損なわれている、と述べた。

首相官邸の秘書で経済状況管理センター(CESA)のスポークスマンであるThanakorn Wangboonkongchanは、Covid-19が制御不能の感染拡大ため、プーケットが閉鎖を命じられたという誤った報告がSNSソーシャルメディアに広まっており、同タナコーン氏は、これは真実ではないと述べた。こうした強調こそㇷ゚―ケットモデルを推進した政府自身が薄氷踏む想いであることが透けてみてくる。同氏は人々に、パニックを引き起こす可能性があるような誤った情報を共有しないように求めた。Covid-19が島の州に広がるのを防ぐために健康対策が厳密に実施されているという。

タイ国政府観光庁は、3か月間に最大10万人の観光客が到着し、89億バーツの収入を生み出すという目標を設定したと彼は語った。
同タナコーン氏は、観光はプーケットの主要な収入源であり、通常は年間約4,500億バーツであると述べました。Covid-19のパンデミックによる収益は、2020年には108.4億バーツ、2021年には52億バーツにまで減少しました。事業は閉鎖され、人々は失業しました。ピヤポン氏は記者会見を呼び、7月1日から11日までに4,568人の観光客が到着したと述べた。7月11日だけでも、651人が到着しました。海外からプーケットにトゥールストを運ぶ1日平均6便があったと述べた。

早くもワクチン接種完了条件の外国人観光客から感染者6人

だが、このプーケットモデル、ワクチン接種している入国外国人観光客から早速、感染者が、11日日までに6人の感染が確認されている。条件を満たしているという者たちが持参する書類自体も疑惑の対象となっているというのがタイ国民の懸念である。

掲載画像:プーケットの副知事ピヤポン・チュウォン(右)と州保健局長のクサック・クキアティクーン博士(左)。彼らの会見姿が文民ではな軍人であり、ここにタイ政府の性質が出ていることが写真からも解る。 画像:Bangkok Post より。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP