新型コロナで初の死者 オーストラリアから帰国の男性

ミャンマー

  お知らせ

                           

2020年04月02日

死亡男性の息子も感染

ミャンマー保健・スポーツ省は3月31日朝、新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の感染が確認された69歳の男性が、ヤンゴンの病院で死亡した、と発表。同国では、COVID-19による死亡は初めてである。

治療の旅が命取り

死亡した男性は鼻腔がんの治療のためオーストラリアに1ヶ月滞在し、14日にヤンゴンに到着する前に、4日間シンガポールに滞在した、という。同男性は18日に発熱、咳、喉の痛みを訴え、25日にヤンゴン総合病院の集中治療室に入ったが、27日に新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)に感染していることが確認されたため、他の病院に移送されていた。また、男性の息子(45歳)も感染が確認されたため、隔離されている。

増える感染者、不足する医療用品

ミャンマーではCOVID-19の初感染が確認された23日以降、わずか1週間で国連職員1人とフランス人観光客3人を含む14人の感染が確認されている。

ヤンゴンのホテルで隔離されているフランス人観光客は30日に感染が確認され、観光客に同行していたツアーガイドも数日前に感染が確認されたという。

保健大臣は「ウイルスに対する準備が整っている」、だが政府の病院の医師は、適切な防護服、マスク、手袋などの不足を訴える

新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の感染が確認される前、保健大臣は「ウイルスに対する準備が整っている」と記者団に述べたが、政府の病院で働く医師は、適切な防護服、マスク、手袋などの不足を訴えている。また、ネット上にはオートバイのヘルメットとゴミ袋を身に着けた医者の写真が出回っており、その安全性が疑われる、とも地元メディアは伝えている。。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP