日本、ミャンマー、カンボジアなど5カ国と「レジデンストラック」開始

ミャンマー

  お知らせ

                           

2020年09月03日

日本は、茂木敏充外務大臣によるマレーシア訪問(8月14日)及びメコン3か国(カンボジア、ラオス及びミャンマー)訪問(8月21日から25日)において、各国との間で9月上旬に「レジデンストラック」を開始することに合意しました。また、台湾については日本台湾交流協会を通じた意思疎通を行ってきており、8月28日に、台湾との間で「レジデンストラック」を開始することに合意しました。これを受けて、9月8日から、各国の日本国大使館/総領事館/領事事務所及び台湾については日本台湾交流協会台北、高雄事務所において、上記5か国・地域との間で「レジデンストラック」利用の手続を開始する、と日本政府・外務省がその公式WebサイトのHPで1日、発表しています。

既に日本は、日本は7月29日から、タイベトナムとの間で「レジデンストラック」の受付を開始しています。

詳細は下記のWebサイトでご確認ください。

☆ マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー及び台湾との間の「レジデンストラック」について

*茂木敏充外務大臣のミャンマー公式訪問 外務省公式Webサイトより

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel