日本とタイ・ベトナム 駐在員らの往来緩和で合意

タイ

  お知らせ

                           

2020年07月23日

出入国は両国共に互恵の条件ー入国時にPCR検査、2週間の隔離ー

7月22日、茂木敏充外相、「タイ、ベトナム両国と企業の駐在員や長期滞在者の往来再開で合意した。」と発表した。出張者など短期のビジネス往来とは異なる枠組みで、入国時のPCR検査と14日間の宿泊施設での待機を条件に外国人の入国を認める。日本人が両国に入国する際も同様の待機が条件になっている。

これまで両国は原則入国拒否の対象だった(当然、両国共に日本人は入国対象拒否の対象)。

もはや、気軽に外国へ行ける状況ではない

14日間の待機を免除する短期のビジネス往来再開に向けた協議は継続する。が、日本では市中感染が収まることなく、ここに来て第2波のコロナ感染が急増中である。外交が互恵が原則だから、今後の交渉は紆余曲折が予想される。もはや、気軽に外国へ行ける状況ではない。

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel