日本大使館よりの注意喚起!8月27日アキラ地雷博物館で爆発事故、閉鎖中

カンボジア

  お知らせ

                           

2018年09月04日

在カンボジア日本大使館より在住日本人や日本人観光客に注意喚起!が出ています

下記が9月3日付の在カンボジア日本大使館から在住日本人に送られたメール本文です。

9月3日付報道によれば,シェムリアップにある民間のアキラ地雷博物館において先週月曜日におきた爆発事故を受け警察当局が同ミュージアムを閉鎖したとのことです。

・訪問を予定されていた方は,ご注意ください。」

日本大使館からのメールでは、爆発事故の詳細についてはわかりません。

アキラ地雷博物館

アキラ地雷博物館 シェムリアップ 画像:Webサイトより

シェムリアップ市郊外にあるアキラ地雷博物館ですが、以前から同館に関わった日本人の間では、評価が毀誉褒貶に分かれています。また、同館と世界遺産:アンコール遺跡群の管理・保存組織のアンコール遺跡群アプサラ機構や警察当局との確執は、ここ15年以上、在住日本人や地元民の間では知られていました。

なお、その後の情報では、爆発事故の件で同博物館の館長アキラ氏は、地元警察に逮捕された、報じられています。

*なお、こうした日本大使館の注意喚起のメールは、同大使館に在留届を提出していないと個人には届きません。

 

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel