日本政府、6月1日からの入国水際対策の国・地域の区分(赤・黄・青)発表

カンボジア

  観光情報

                           

2022年05月29日

日本政府は入国規制を6月1日より大幅に緩和します。そのため、リスクに応じて各国・地域を赤・黄・青の3つに分類。入国時検査が必要となる「」に該当するのは4か国のみ。有効なワクチン接種証明書があれば入国時検査が免除される「」は99か国・地域。ワクチン接種の有無にかかわらず検査免除の「」は98か国・地域となっている。

東南アジア11か国の分類は以下の通り。


該当なし

黄(2か国)
ブルネイ、ベトナム

青(9か国)
インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、東ティモール、フィリピン、マレーシア、ミャンマー、ラオス

東南アジアから日本に入国する場合、ワクチン3回接種済みであれば全ての国が入国時の検査免除対象ということになる但し、これまで通り現地で受ける出国前72時間以内の検査は必要ですのでお忘れなく。

国際的な人の往来再開に向けた措置について | 外務省

国・地域の全リストは以下ページよりどうぞ。

水際対策強化に係る新たな措置(28)に基づく国・地域の区分について

また、6月1日よりカンボジアへの渡航では、「レベル1に引き下げ」ていますコロナ感染危険レベルは最も低いレベル1で、「充分注意」という最も感染危険度が低いレベルになっています。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP