日本=バンコク路線 8月、9月、主要航空会社の運休延長が相次ぐ

タイ

  お知らせ

                           

2020年07月11日

JAL、関西~バンコク線は9月末までの全便運休を発表

JALは2020年度夏期ダイヤのうち、新たに8月1日(土)~9月30日(水)における国際線の運休・減便を7月10日に発表した。

バンコク(スワンナプーム)線については、当初の運航計画では羽田~バンコク線を1日2便、成田~バンコク線及び関西~バンコク線は1日1便運航することになっていましたが、羽田線・成田線はそれぞれ大幅減便、関西線については9月末までの全便運休を決定。

また、8月より運航再開を予定している成田発バンコク行きや羽田発バンコク行きについても、現在のタイの旅客便運航制限が継続された場合は運休するとのことです。

8月1日~9月30日までのバンコク路線の運航スケジュールは以下の通りです。

羽田⇔バンコク

JL31 羽田⇒バンコク 火・木・土
JL34 バンコク⇒羽田 水・日
(※8月11日、13日のJL34は運航)

JL33 羽田⇒バンコク 全便運休
JL32 バンコク⇒羽田 全便運休

成田⇔バンコク

JL707 成田⇒バンコク 月
JL708 バンコク⇒成田 水・土

関西⇔バンコク

JL727 関西⇒バンコク 全便運休
JL728 バンコク⇒関西 全便運休

タイ国際航空、日本路線は8月31日まで全便運休

経営難の続くタイ国際航空(Thai Airways International)は、日本~バンコク間の運航計画の変更を発表した。これまで7月31日までとしていた一部路線の運休期間を延長し、8月31日までは全便運休すると明らかにしています。

日本路線の新たな運航計画は以下の通りとなります。

日本発バンコク行き 運休(2020年3月26日~9月1日)

【成田発】 TG641便 / TG643便 / TG677便(※TG677便は8月31日まで運休)
【羽田発】 TG661便 / TG683便
【関西発】 TG623便
【中部発】 TG645便(※TG645便は8月31日まで運休)

バンコク発日本行き 運休(2020年3月25日~8月31日)

【成田行き】 TG640便 / TG642便 / TG676便
【羽田行き】 TG660便 / TG682便
【関西行き】 TG622便
【中部行き】 TG644便

上記以外のフライトについては、これまでの発表通り10月24日まで運休で変更はありません。

日本発バンコク行き 運休(~2020年10月24日まで

【札幌発】 TG671便
【仙台発】 TG627便
【関西発】 TG673便
【中部発】 TG647便
【福岡発】 TG649便

バンコク発日本行き 運休(~2020年10月24日まで

【札幌行き】 TG670便
【仙台行き】 TG626便
【関西行き】 TG672便
【中部行き】 TG646便
【福岡行き】 TG648便

ANA、バンコク行きは7月31日まで全便運休を決定

ANAは、このほどバンコク線の運航計画を変更し、7月16日より再開予定だった羽田発バンコク行き(NH847便)について7月31日までの全便運休を決定しています。これによって、同社のバンコク行きフライトの再開は早くても8月以降ということになります。なお、バンコク発羽田行きについてはこれまで通り1日1便(NH850便)のみ運航を継続。

NH850便以外のANAのバンコク線は既に7月末までの全便運休が決定しています。

NH805 東京(成田) ⇒ バンコク
NH849 東京(羽田) ⇒ バンコク
NH877 東京(羽田) ⇒ バンコク
NH806 バンコク ⇒ 東京(成田)
NH848 バンコク ⇒ 東京(羽田)
NH878 バンコク ⇒ 東京(羽田)

タイでは、7月1日より国際線での乗り入れが可能になりましたが、運航条件が厳しく定期路線を再開するのは難しい状況が依然続いている。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel