日本BS放送、ミャンマー国境の町で紀行番組を撮影ー陸路で越境するー

ミャンマー

  お知らせ

                           

2019年07月02日

ミャンマー観光・情報省のプレスリリースによると日本BS放送(Nippon BS Broadcasting Corporation)の撮影チームが6月19日、タイと国境を接するミャンマー・カレン州のミャワディ (Myawaddy)で、紀行ドキュメンタリー映画の撮影をした、とのこと。

タイとの国境にあるミャワディでは、地元の人々の日常生活、民族衣装、商店、伝統的な屋台、高速バスターミナルなどを撮影した。タイ側の町はメーソート(Mae Sot)で、両国はムーイ川を国境としている。今回の撮影は紀行番組のためで、日本BS放送の撮影チームは国境の町での撮影だけでなく、ミャンマーの最大都市ヤンゴンでもシュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)やハイウェイバスターミナルなどを撮影している、という。

陸路で越境するドキュメンタリー制作—ミャンマー・タイ間の国境越え3ルートー

同紀行番組の撮影チームは、ミャンマーとタイの間を陸路で越境する3つのルートについてのドキュメンタリーを制作しているという。ミャンマー・タイ間を陸路で越境するルートはミャワディメーソートのほか、黄金の三角地帯といわれるタチレクメーサーイルートなどがある。

掲載画像:6月19日、タイに接するミャンマー・ミャワディでの撮影風景。ミャンマー政府観光・情報省のプレスリリースより

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel