棚田景観と少数民族のサパ、国家観光区に認定

ベトナム

  お知らせ

                           

2018年02月10日

棚田景観は少数民族の手になるもの。
少数民族の集まる市は、あたかもお花畑のような彩りになる。

昨年12月にヴェトナムのグエン・スアン・フック首相は、ベトナム西北部山岳地帯のラオカイ省サパ観光区を国家観光区に認定すると述べた。
標高1600mに位置するサパは、地元の少数民族の豊かな文化や涼しい気候、美しい自然風景などで世界的にも有名な観光地である。2017年1-6月期に同省を訪れた観光客数は前年同期比+77%増の233万7269人に上り、そのほとんどが避暑地のサパを訪問している。サパ地域にはベトナム最高峰のファンシーパン山(3143m)があり、麓から山頂付近に到達するロープウェイ(全長約6.3キロ、高低差1410m)でも知られている。

 

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel