毎年6000人、ベトナム人花嫁が韓国人と国際結婚

ベトナム

  お知らせ

                           

2018年09月12日

地元メディアの報じるところによれば、駐ベトナム韓国大使館のイ・ミヨン公使によれば、「ここ数年に毎年およそ6000人のベトナム人女性が韓国人男性と国際結婚をしている」とのこと。その数は毎年+20%増加しており、2015年以降は韓国人男性の国際結婚でベトナム人花嫁が中国を抜き最多となっている。

韓国の伝統的な結婚式。 画像:Webサイトより

ベトナム人花嫁の人権保障についてミヨン公使は、韓国では結婚斡旋事業者の活動は厳正な基準や規定に則り、国際結婚を希望する韓国人男性は身分を証明する書類をはじめとする定められた資料を提出しなければならないとしている。ベトナム人女性もまた、韓国へ渡る前に身分証明書類を提出する必要がある。いずれも違反が確認された場合には規定に基づき罰則が科せられる。
ベトナム側では女性連合のみが国際結婚の斡旋を認められており、いかなる韓国の組織・団体が斡旋活動を行った場合も韓国大使館へ通報することになっている。ミヨン公使は、ベトナム人花嫁のリスクを軽減するため韓国側には違法行為を抑止する責任があるとしている。

 

ハノイの韓国文化教室で学ぶベトナム女性 画像:VnexPress

また、ミヨン公使によると、韓国がベトナム人に対して発給した一般ビザは2014年の3万4500件から2017年には10万件へと3倍に増加している。また留学ビザは1700件から1万4400件へ8倍増となっている。このことから、ハノイ市にある韓国大使館は5日、ビザ申請者用に120人を収容可能な待合室を開設した。しかし、それでも毎日500~600人が列を成しているというのだから驚く。

隣国カンボジアでは、10年ほど前、韓国人の婚活ツアーがブームで、女性たちを並べて男性側が選ぶということが人身売買に近いという批判がおこったり、さらにカンボジア人花嫁が韓国社会に適応できない、夫の暴力が頻発しているといった人権問題が浮上し、一時、「韓国人との国際結婚を禁止する処置」が出された。そうしたことで韓国側も国際結婚について規制を強化したようだ。

 

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel