注意!ハノイのタクシーのお釣りに偽紙幣(冥器の紙幣)ー外国人観光客が被害ー

ベトナム

  お知らせ

                           

2018年10月16日

ハノイ旅行中の外国人が被害 釣銭誤魔化し

ハノイを旅行中だった外国人観光客が、タクシーに乗った際のお釣りとしてベトナムドン紙幣に似た偽札(紙製の冥器=冥銭)を渡されるという事件がこのほど発生した。これを受けて、同市ホアンキエム区警察は21日、犯人を逮捕の発表した。被害に遭ったのは、スペイン人観光客の女性2人。偽の紙幣を釣銭として渡れた2人は、紙幣」が「ベトナムドン紙幣に似た紙製の冥器」だということを周りのベトナム人から知らされた。警察に被害届けを出したという。国のイメージに傷をつけかねない事件だったことから、警察は直ちに捜査を開始し、犯人を特定して処分したという。

冥銭―中国ー 中国、韓国、ベトナムの仏教や道教徒によく使われる。カンボジアでも中国系を意識する人々の仏事で使われている。 画像:Web サイトより。

 

冥器の紙幣(冥銭)とは、

偽の紙幣:冥器(めいき)の紙幣はお札に似せたもので、亡くなった人があの世で不自由しないようにお供えするもの。冥器の紙幣には、「ベトナム国家銀行」の代わりに「冥府銀行」、「故ホー・チ・ミン主席の肖像画」の代わりに「冥王(閻魔大王)」の図柄が印刷されている。まさに外国人を対象とした釣銭誤魔化しの犯罪だった。

清明節に冥銭を燃やすーベトナムの例ー 画像:Webサイトより。

 

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel