海外から帰国した8人の感染確認 塁計320人に カンボジアからの帰国者1名感染確認!?ーカンボジア、翌日フェイクと断言!ー

ベトナム

  お知らせ

                           

2020年05月18日

新規感染者、全て海外からの帰国ベトナム人

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防国家指導委員会の18日午前6時の発表によると、ベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は計320人となっている。15日に1人、16日に5人、17日に2人の新規感染が発表された。新規感染者8人はいずれも海外からの帰国者だった。

国内新規感染者は32日間0人が続く

ただし、海外からの入国者を除く国内での新規感染は32日間続けてゼロ人となっている。18日午前までに260人が退院済み。これまでに新型コロナウイルスによる死者は出ていない。

新たに感染が確認された8人の内訳は、15日の1人はベトナム航空(Vietnam Airlines)VN0088便で3日にドバイから帰国した。16日に感染が発表された5人のうち、3人はベトナム航空のVN0062便で13日にロシアから帰国した。このほか、カンボジアから2日に入国した1人、フィリピンから14日に入国した1人についても同日に感染が発表された。17日に感染が発表された2人は、いずれもベトナム航空のVN0062便で13日にロシアから帰国した。これにより、同便の乗客のうち感染が確認されたのは29人となっている。

累計感染者の56%が海外から入国・帰国

なお、ベトナムの感染者320人のうち、海外からの入国者が180人と半数以上(56%)を占めている。いずれも入国後そのまま隔離措置を受けているため、市中感染の危険性はないという。

カンボジアからの帰国、気になる帰国経路

感染が急拡大しているドバイ、ロシアからの帰国者から多くの感染者が確認されているが、気になるのはカンボジアからの帰国、陸路での入国は厳しいので空路と思われる。カンボジアでは14月2日以来、新規感染者は0が続く。今回のカンボジアからのベトナム人、カンボジア国内での感染か、中国その他の国からプノンペン経由でトランジットでの帰国か、気になるとろこだ。

19日、カンボジア保健省大臣は、

ベトナムの国内報道「カンボジアから帰国者の感染確認」をフェイク断言!

19日、カンボジア保健省大臣は、「カンボジアから戻ったベトナム人のコロナ感染確認というニュースはフェイクである」と述べた、と地元メディアが報道した。同省は、アセアンの感染症報告システムの下で必要とされるベトナムからの公式報告を受け取らなかったと述べた。同省はまた「同省はカンボジアにその名前の者がいないことを確認したため、感染はベトナムで発生した」とも述べている。

掲載写真:愛知の名古屋空港で感染確認された日本人男性が乗っていた飛行機内の消毒。この男性、フィリピンからカンボジアに、そこで2人のカンボジア人に感染させ、さらにカンボジアのシェムリアップよりホーチミン経由のベトナム航空で帰国した。 画像:その時の消毒 日経新聞の掲載写真より

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel