感染者の夫の感染も確認 立ち寄り先のプノンペンホテルに閉鎖命令

カンボジア

  お知らせ

                           

2020年11月29日

28日の夜 妻に続き夫の刑務所総局長の感染も判明

28日の検査で新型コロナウイルス(COVID-19)の新たに妻の感染が確認され刑務所総局長のChhemSavuth中将も感染していることが、判明した。

同感染者がプノンペンホテルのジムとプールを16日に利用したことを知り、保健大臣:マム・ヘン(Mam Heng)は、プノンペンホテル(PhnomPenh Hotel)の一時的な閉鎖を命じた。

保健省はまた、先に同日に感染が確認されたサヴス中将の夫妻とその家族と直接および間接的に接触した人々に、検疫を求めた。既に感染者サヴス中将の妻がイオンモールで買い物したため、直ちに同所は一時的に閉鎖された。

保健省 感染者の子弟が通学するプノンペンのAISの関係者に検疫を呼びかけ

さらに保健省は、感染者の子弟が通う私立学校AIS(American Intercontinentalー但し、米国公的機関とは関係ない自称私立学校である―) の児童・生徒・学生や教職員、保護者に検疫を呼びかけている。プノンペンの他の私立学校の多くは、29日の昼頃から、「当面の休校措置」の連絡を保護者に回している。

*掲載画像:プノンペンホテル

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP