無人カメラにゾウ、バク、クジャクなど記録 タイ中西部の野生動物保護区

タイ

  お知らせ

                           

2021年01月19日

野生の孔雀

タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局は12日、タイ中西部のフワイカーケン野生動物保護区ナコンサワン県)の水場に設置した無人カメラが撮影した、マレーバクゾウ、クマ、イノシシ、クジャク、シカの仲間のサンバーインドキョンなどの写真を公開した。

ナコ-ンサワン県の位置 タイ語จังหวัดนครสวรรค์)はタイ・北部の県(チャンワット)の一つ。県名の意味は「天国の都市」、古来の名前はパークナムポーである。ピン川とナーン川がナコーンサワン県内で合流し、ここでチャオプラヤー川を形成する。県内にあるボーラペット湖は212 km2の面積を持つタイ最大の沼地である。水鳥が多く住み、一部は禁漁区となっている。

 

フワイカーケン野生動物保護区は世界自然遺産に登録されているトゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群の一部で、面積2780平方キロ。トラの生息も確認されている。

野生アジア象ぼ群れ

上掲載の写真を見るにタイにはまだまだ人間の開発の及ばない自然保護区があり、野生動物の生活が確保されているのがわかる。また、タイ各地でコロナ禍によって人出が減ったため、保護区以外の陸地や海で野生種の頻繁に目撃されるようになった。

*掲載写真:いずれも無人カメラによる撮影 画像:フワイカーケン野生動物保護区より

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP