特集 クメール源流紀行 No.6 ラオス南部の見所スポット地図

                           

2018年03月18日

タイ、カンボジア、ベトナムに囲まれたラオス南部の見所スポット地図。

ラオス南部は、メコン流域に開けた地域と東部の高原地帯に分けられます。16世紀以降、ラオ族が南下しメコンやその支流沿岸に居住地を拡げました。高原地帯には先住民(少数民族)が暮らしています。かつて「100万頭の象の国」と言われたラオス、いまなお高原地帯では象が人々の暮らしに重要な役割を負っています。ラオス南部の中心はパクセの街、ここへはビエンチャン、バンコク、プノンペンから空路か、夜行長距離バスを利用することになります。見所としては、パクセの街、野生象のキャンプ(保護、訓練施設)、パクセから東の高原地帯に見られる豪快な滝群、メコン流域を南に下れば、世界遺産:ワット・プー、シー・パンドン(4000の島と言われメコン中州群)のエコ・ツーリズム、メコンが断層帯に落ち込む豪快な滝群(コン・パーペン、ソン・バミットetc)などが知られています。ぜひ訪れてみてください。北部とは違った魅力に気づくはずです。

 

ラオス様式寺院ーパクセの街ー
ラオ族の母・娘ーワット・プーにてー

 

ラオス南部の見所スポット地図の上半分図です。パクセの街から見所を探してみてください。世界遺産:ワット・プーのあるチャンバサック地域がクメール民族の最初の王国のあったところです。

 

ラオス南部の見所スポット地図の下半分図です。ラオス、カンボジア国境地帯に見所が集中しています。

① 特集 クメール源流紀行 世界遺産 ワット・プー No.1

 ラオス南部の見所スポット地図について 

Webサイトにアップでは、その表示枠が限られています。地図原本については、下記にお問い合わせください。

PDFファイルでお渡しできます。

New Sai Travel Service Cambodia. TEL:+855 (0)23 221 932 E-mail: dac_travel@online.com.kh.

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel