第21回ベトナム映画祭、最優秀作品賞は「ソン・ランの響き」が受賞

                           

2019年12月01日

ベトナム南部のバリア・ブンタウ省で11月27日、第21回ベトナム映画祭の閉幕式が開催された。

同映画祭は「長編映画部門」「資料映画部門」「科学映画部門」「アニメ映画部門」の4部門があり、長編映画部門に16作品、資料映画部門に29作品、科学映画部門に9作品、アニメ映画部門に20作品が出品された。

*動画:映画「ソン・ランの響き」予告編 YouTubeより

映画「ソン・ランの響き(Song Lang)」が「ゴールデンロータス賞(Bong Sen Vang)」を受賞

第21回ベトナム映画祭が閉幕、最優秀作品賞は「ソン・ランの響き」 画像:地元メディアより。

今回の映画祭の長編映画部門では、レオン・クアン・レ(Leon Quang Le)監督が手掛けた2018年8月公開の「ソン・ランの響き(Song Lang)」が、最優秀作品賞にあたる「ゴールデンロータス賞(Bong Sen Vang)」に輝いた。

 

同映画、「第31回東京国際映画祭(TIFF)」(2018)で東京ジェムストーン賞も受賞

また、レオン・クアン・レ監督が監督賞を、アイザック(Issac)が助演男優賞を受賞した。同作品は2018年の「第31回東京国際映画祭(TIFF)」でも上映され、主演のリエン・ビン・ファット(Lien Binh Phat)が「東京ジェムストーン賞」を受賞している。そして、2020年2月には新宿K’s cinema(ケイズシネマ)で公開される予定である。

*動画:映画「ハイ・フォン」予告編 YouTubeより

シルバーロータス賞(Bong Sen Bac)」は、「Cua Lai Vo Bau」(2019年2月公開)、「ハイ・フォン(Hai Phuong)」(2019年2月公開)、「Truyen Thuyet Ve Quan Tien(The Legend of Quan Tien)」(2019年11月公開)の3本だった。「Cua Lai Vo Bau」は、ドアン・ニャット・チュン(Doan Nhat Trung)監督が脚本賞を、チャン・タイン(Tran Thanh)が主演男優賞を受賞。また「ハイ・フォン」は、主演のゴ・タイン・バンの娘役のマイ・カット・ビー(Mai Cat Vi)が助演女優賞に輝いた。映画「ハイ・フォン」には、副題-ママは、元ギャングー、とあるようにベトナム北部では、港町・ハイ・フォンは、事実上、マフィアに支配する街として人々に知られている。

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel