菅首相、就任後初外遊はベトナム 今日から20日まで訪問

ベトナム

  お知らせ

                           

2020年10月18日

就任初の外遊先がベトナム

ベトナムのグエン・スアン・フック首相の招待により、菅義偉首相は、2020年10月18日から20日にかけてベトナムを公式訪問する。菅首相にとって就任後初の外遊先はベトナムでした。

ベトナム外務省のスポークスマンLêThịThuHằngは、この選択は「ベトナムと日本の間の広範な戦略的パートナーシップの強力かつ実質的な発展をいくつかの側面で明確に示している」と述べている。

「この訪問は大成功であり、ベトナムと日本の広範な戦略的パートナーシップの促進と、両国のCOVID19後の社会経済的発展の回復に積極的に貢献すると強く信じています」とHằngは付け加えました。

菅首相は、ベトナムではグエン・スアン・フック首相と会談し、グエン・フー・チョン党書記長とグエン・フー・チョン国会議長に表敬訪問することが予定されている。また、ハノイにある日越大学の学生たちとの会合、その他の活動も計画されている。

南シナ海の西沙、南沙諸島の領有問題についてもベトナムと意見交換すると予想

菅首相は訪問中に、「日本がインド太平洋地域の平和と繁栄に貢献することを主導することを約束し、日本の当局者であるインド太平洋に関するASEAN展望(AOIP)に対する日本の全面的な支援を確認することができる。」と外務省からの発言としてベトナム通信社が引用している。

菅首相のベトナム訪問では、ASEAN最大の懸念材料として南シナ海の西沙、南沙諸島の領有問題についてもベトナムと意見交換すると予想され、中国が最も警戒するところでもある。

画像:菅首相 https://vietnamnews.vn/ より

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP