韓国・ソウルの「ベトナム・クイニョン通り」がベトナム人の観光スポットに

ベトナム

  お知らせ

                           

2019年08月24日

韓国・ソウルにある「ベトナム-クイニョン通り」がベトナム人の観光スポットになってきている。

ソウル ベトナム クイニョン通り(梨泰院路)

ベトナムにおける韓国カルチャーの人気が高い。お隣のカンボジアでも人気が高く、中国や日本をしのいでいる。若者の間だけでなく、K-POPや韓流ドラマは、老若男女問わず、テレビやインターネットで毎日視聴されている。特にこの2年は、韓国人指揮官のパク・ハンソ監督が率いるサッカーベトナム代表が飛躍を遂げたこともあり、サッカーを軸とした友好強化が促進され、両国の関係は一層近いものになった。両国の友好プログラムの一つで2016年に作られた「ベトナム-クイニョン通り」はここに来て、人気を集める存在となっている。

ベトナム-クイニョン通り(ハングル表記:퀴논길、英語表記:Vietnam Quy Nhon-gil)」はソウル特別市龍山区梨泰院路にある長さ300m余りの道で、ここにはベトナム料理店が軒を連ねているほか、小さな公園もある。この通り(路地)、龍山区の自治体がベトナム人観光客を含む外国人観光客を誘致する目的で作ったもので、「ベトナム-クイニョン通り」には通りの至る所にベトナム語が表記されている。さらに、アオザイの少女や水牛に乗った少年、蓮の花などベトナムをイメージした壁画も多数描かれている。看板・標識などはベトナム語だけでなく、韓国語、英語、中国語も併記している。

ベトナムのCONG ca phe(コンカフェ)」韓国1号店も立地

ベトナムのコンカフェ韓国1号店

ベトナム-クイニョン通り(梨泰院路)には昨年7月、ベトナム大手のカフェチェーン「CONG ca phe(コンカフェ)」の韓国1号店がオープン。レトロな内装が人気でインスタグラム(Instagram)のチェックインスポットになっている、という。

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel