9月よりパタヤ~サタヒープ~チャーン島のフェリー運航開始へ

タイ

  お知らせ

                           

2019年05月08日

8月18~19日にかけて、フェリーによるパタヤ―サタヒップ―チャーン島の就航が試験的に行われ、9月より正式に就航する見込みです。

現在、パタヤ~ホアヒン間のフエリーが運行中

パタヤ=ホアヒン間を結んでいる双胴船。

現在、タイではパタヤ―ホアヒン間をフェリーで毎日行き来しており、ロイヤルパッセンジャーライナー社が1社のみだが、港湾局から許可を得て運航している。パタヤ―ホアヒン間の片道は1125バーツ。1日に1往復している。

今回のパタヤ―サタヒップ―チャーン島航路もフェリー運航で実績のある同社による運航となり、パタヤ―サタヒップ間は約1時間半、サタヒップ―チャーン島は約5時間となる見込みで、費用は片道で1000バーツほどになるとしている。

サタヒップは、パタヤ南のタイ湾に突き出す半島部でサタヒップ郡にぞくします。タイ海軍の基地があるところで知られています。近年、美しいビーチを求めて(パタヤ至近ということもあって)観光客を集めるようになりました。

サタヒップを代表するSai Kaew Beach
ブッタ・マウンテン。サタヒープの街から車で20分程の内陸にある。
チャーン島、周辺の多島海。まさに自然がたっぷり残された南海のリゾート地です。 画像:タイ政府観光庁公式Webサイトより。
チャーン島のビーチ。 画像:タイ政府観光庁公式Webサイトより。

同社は、将来的にはアセアン間でのクルーズ船などの構想もあり、寄港できる港などを用意することも必要となっているという。

参照:サタヒップ、チャーン島については、下記の文①、②をクリックしてください。

① サタヒップ サタヒップ郡 Wikipedia

② チャーン島 タイ政府観光庁公式Webサイト

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel