<やはりな、なるほど> ベトナム、東南アジア成長率で一人勝ち 7~9月期

ベトナム

  お知らせ

                           

2020年11月20日

コロナ禍を早期抑制、中国から生産移管 GDPでマレーシア逆転も

東南アジア経済でベトナムが一人勝ちとなっている。コロナ禍の第2波の最中でも2020年7~9月期の実質国内総生産(GDP)はプラス成長を維持した。

東南アジアで感染者者、死亡数ではフィリピン、インドネシアが酷い状況で感染抑制しているものの政局不安定や経済落ち込みに苦しむタイ、第2波でロックダウンに追い込まれたミャンマー、ひたすら外国人流入を警戒するカンボジアなど新型コロナウイルス感染拡大が経済を冷え込ませているが、一人ベトナムだけは、2020年中に名目GDPでシンガポールなどを上回る見通しとなった

ベトナムの7~9月期は前年同期比2.62%増と、4~6月期に続きコロナ禍でもプラス成長だった。新型コロナの感染拡大で東南アジアの主要国が軒並みマイナス成長に陥る中で、1か月弱で新型コロナ第2波の抑えこみに成功したベトナムは成長を続けている。中国などから生産拠点の移管が増え、輸出が拡大している。国際通貨基金(IMF)は、ベトナムが20年中に名目GDPでシンガポールやマレーシアを抜き、東南アジア諸国連合(ASEAN)4位になると予想する。まさに「ベトナムの時代」である。

ベトナムの成長の原動力は輸出増だ。ベトナムの10月の輸出額は267億ドル(約2兆8千億円)と前年同月に比べ9.9%増えた。商工省の予測では、20年通年の輸出額も前年比3~4%増を維持する見通しで、成長を支えている。

第2波以前は300人台の累計感染者、死者0であったが、

第2波では死者35人を数えるが、9月上旬以降、国内感染0

新型コロナの累計の感染者数がわずか約1300人で、経済への悪影響が最小限にとどまっている点も大きい。外出制限を実施したのは4月の約3週間だけで、生産活動は域内でいち早く回復した。失業者の増加を抑え、GDPの7割を占める個人消費も底堅い。ベトナム以外のASEAN主要国は依然、マイナス成長から脱却できていない。7~9月期のGDPが前年同期比2.7%減だったマレーシアは、6割弱を占めるサービス業が4%減となり、足を引っ張った。とりわけ観光関連産業の不振は深刻で、マレーシアホテル協会は「10月下旬の客室利用率はわずか20%で、このままでは追加の人員削減などに踏み切らざるをえない」と悲鳴を上げる。

コロナ後の世界、ベトナムの急成長は約束されている

ベトナムの1人あたりGDPは約3500ドルと、なおシンガポール(約5万8500ドル)やマレーシア(約1万200ドル)より小さいものの、新型コロナが域内の経済規模の序列変動を加速させている。

GDPが域内最大のインドネシアでは新型コロナの感染拡大が続いており、マレーシアも10月以降、「第2波」の発生に苦しむ。高水準の感染が続く限り、消費者の外出手控えなどで経済活動は停滞し、景気の回復は遅れる。まさに現在の日本の姿に重なる。初動の失敗が、東アジア諸国で最悪の感染状況が続く日本と同じである。

コロナ後の世界、急成長が約束されている感のベトナムである。

*参照 図表:日経新聞より

*掲載画像:国内感染がなけりゃ、密になっても問題ない  画像:日経新聞より

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP