<今週から来週、ヤバイとタイ人は言う> タイで大規模反政府集会 警官1万4000人厳戒態勢 ー15日早朝、警官隊がデモ隊を排除、一部SNSも禁止 民主派は午後4時に再結集を呼びかけー

                           

2020年10月15日

カンボジア・プノンペンに住むタイ人の知人たちはいう。「今週から来週にかけてタイはヤバイよ」と言う。14日、バンコクで大規模な反政府集会が開かれた。警官1万4000人厳戒態勢ということから、学生を中心とする集会は、相当な人数が集結したことになる。

*動画 ANNニュース 2020.10.14

不敬罪という時代遅れの感があるタイで、公然と王室批判が出ること自体、驚きである。反政府運動は何度も起こり、それがクーデターや政変のきっかけになっているのが、タイという国である。今年になって高まりを見せている学生が中核の反政府運動は、王室批判とも結びついているところが、今までの反政府運動(所謂赤シャツ、黄色シャツの対立)の構図と大きく異なる。そのため、既得権を持つ軍部、政権は王室を盾に反政府運動を抑え込もうとする文民内閣を謳うプラユット政権の強権政治は事実上軍部に支えられている。反政府運動が公然と高まる以前に反政府的な人物が腹に石を詰め込まれてメコン川に流されたり、カンボジアに居住するタイ人が突然、行方不明(拉致)という事件が起きている。また、日本の京都大学のタイ人の先生が何者かに襲われている。

緊張が高まるタイ 今週から来週がヤバイ

実質は軍事政権のタイ政府は、コロナ禍の中でタイが国内感染0にも関わらず、再三に渡り非常事態宣言を延長し、「コロナ禍は理由付けで事実上の反政府運動の抑圧のため」と国内外から見られている。何度も繰り返される軍事クーデターは、タイの名物と揶揄されているが、タイ人がヤバイと言う今週から来週の期間、軍部・政権と反政府運動との間の緊張状態が高まっていることは事実である。

15日朝、政府が緊急措置を発表 警官隊がデモ隊を排除

ロイター伝によれば、タイ政府は15日、抗議デモの過熱を防ぐ緊急措置として、首都バンコクでの5人以上の集会を禁止した。

*動画 「タイ 大規模な反政府デモ 警察が排除に乗り出す 」 2020.10.15  NHKニュース

タイ政府は15日、抗議デモの過熱を防ぐ緊急措置として、首都バンコクでの5人以上の集会を禁止した。政府の発表文書によると、「恐怖を生み出す恐れ」や、国家の安全保障に悪影響を与えたり、国民の士気を低下させたりする恐れのあるニュースやオンラインメッセージの発信も禁止される。
また、当局が指定した地区へのアクセスも禁じられる可能性がある。国営テレビは「こうした状況を効果的に終わらせ、速やかに平和と秩序を実現するため、緊急措置が極めて必要になっている」とした。 「情報を意図的にゆがめ、国家安全保障や平和と秩序に悪影響を及ぼす誤解を生むようなメッセージを含むニュースなどのメディア、電子情報の発信」も禁じられる。当然、国営放送であるから政権の意思の一方的な伝達機関である。

さらに、現地時間15日午前4時(日本時間午前6時)の緊急措置発効後間もなく、タイ警察は、バンコクの首相府周辺を占拠していたデモ隊を排除した。首相府前には14日遅くから、数千人のデモ隊が集まっていた。

15日、反政府派、15日午後4時、再結集を呼びかけ

タイの民主化グループ「カナラーサドン2563」は15日午後4時からバンコク都心のラチャプラソン交差点(高架鉄道BTSチッロム駅前)で反政府集会を開く方針だ。フェイスブックを通じ、民主派に集結を呼びかけている。「王室を道具に民主派弾圧を図っていると指摘。「今立ち上がらなくては、孫子の代まで封建的な独裁制の支配下に置かれる」と決起を呼びかけた、という。

在タイの日本人はお出かけ際、情報収集に努めて下さい。在タイ日本大使館から<緊急注意>情報も出ています。先ずはご確認ください。

*参照:在タイ日本大使館HP https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP