<動画配信18> 駐在員便りXⅣ タイ編Ⅱ 北方のバラ:チェンマイの一日

                           

2021年01月11日

今回の動画は、バンコクが初めなら、近場では日本人町があったことで知られているアユタヤですが、一般には史跡公園を中心としたバンコクから日帰り観光です。前々回紹介した「カンチャナブリ」もバンコクから日帰りが可能です。バンコク周辺を訪れたなら、次はチェンマイでしょう。空路から鉄路を使います。鉄路なら予行特急となりますが、手っ取り早く空路で訪れる人が多いです。

北のバラ:古都チェンマイ

バンコクの北方約720キロに位置するタイ第2の都市チェンマイは、「北方のバラ」とも称される美しい古都です。1296年にランナー王朝初代メンラーイ王により新しい首都としてピン川のほとりに建設され、タイ北部の言葉で「新しい街」と名づけられました。以来、この地域の中心として、モン族やタイヤイ族、ビルマ族などさまざまな民族が交流するなか、建築や仏像の様式、言葉や料理、工芸の分野などで「ランナー文化」と称されるタイ北部独自の文化・伝統が育まれてきた。

 

現在でも工芸が盛んな街として知られ、近年はその伝統をベースにタイ芸術の拠点ともなっています。また、周辺はタイ最高峰ドイ・インタノンをはじめとした峰々が重なる緑豊かな山岳地帯となっており、乾季(11月〜1月)は平均気温が約25℃と平野部より過ごしやすいことから、避暑地としても人気があります。

チェンマイの位置

チェンマイの見所はたくさん、何度も訪れたくなる

チェンマイ旧市街の寺院巡り、街西部の山岳にあるドイ・ステープ、そして山岳に散在する独特な衣装の少数民族を訪ねるトレッキング・ツアー、街の郊外にある野生象の訓練キャンプ、サンカンペーンの日傘工芸、そしてタイでは珍しい温泉地、宿泊なら郊外の自然に包まれた高級リゾートホテルか街中なら眺望の開けるピン川畔のホテルがお勧めである。

*掲載画像:ワットプーミン チェンマイの北ナンにある寺院壁画「女と子ども」 画像:Wikipedia

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP