<注意喚起> 入国条件一段と厳格に 企業保証による入国制度の停止

カンボジア

  お知らせ

                           

2020年12月06日

昨日、在カンボジア日本大使館より在留届を同大使館に提出されている在カンボジア日本人にメールが配信されました。

従来日本人入国者に与えられていた特権が廃止されました。これで入国条件は一層厳格になりました。

ご注意ください。

下記が在カンボジア日本大使館よりのメール内容です(以下抜粋です)。

「12月4日、カンボジア保健省は、11月18日から運用が開始された企業などによる支払保証を受けてカンボジアに入国する制度について、12月12日から停止する旨のプレスリリースを発出しましたので、お知らせいします。

カンボジア保健省プレスリリースNo.251(カンボジア外務国際協力省訳):https://www.kh.emb-japan.go.jp/files/100122751.pdf

12月12日から新型コロナの状況が落ち着くまでの期間、これまで同制度の対象であった、企業などによる支払保証を受け、14日間以下の滞在予定で入国する渡航者も、強制隔離措置の対象となります。 」

この変化は、カンボジア政府、保健省が「11月28日市中感染事件」によるものと思われます。昨晩、同事件の感染源人物を保健省は特定し、その感染者が10月に入国者から感染した、という結果に基づいていると思います。入国者がカンボジア人帰国者、外国人からか、の詳細についての発表はありません。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP