<注意情報> 在カンボジア日本大使館よりー新型コロナ・ウイルス感染についてー 東南アジア各国滞在者にも当てはまります

                           

2020年01月26日

在カンボジア日本大使館・領事班に在留届を提出されている方には、下記のようなメールが配信されています。既にタイ、ベトナムでは、中国人旅行者の感染例が報告されています。

この注意情報は、カンボジアに限らず東南アジア各国に旅行中、滞在中の方にも当てはまるものです。

現在のところ,カンボジア国内での発生は確認されていませんが,カンボジア保健省は,新型コロナウイルス感染症についての情報を掲載し,感染予防を呼びかけています。

日頃から報道などで情報の入手に努めるとともに,感染予防のため以下の点にご注意下さい。

 ・農場や家禽類を扱う市場では,直接生き物に触れない

 ・手洗いを励行する

 ・呼吸器の病気にかかっている人には近づかない

 ・呼吸器の病気にかかっている人は鼻と口を覆うようにマスクをし,咳やくしゃみをするときにはタオルやティッシュペーパーを当てる

中国から帰国後,あるいは中国を旅行した人との接触後に発熱,咳,鼻水,咽頭痛,呼吸苦など肺炎を疑う症状が認められた場合は,マスクを着用の上,すぐに病院で診察を受けるようにしてください。

なお、カンボジアでは、3空港で検疫官による機械を使用した体温チェックが行われているとの報道がありますが、14日にタイよりプノンペン空港から入国した日本人によると、そんな機械による検温は見なかったとのの報告もあり、何しろカンボジアですから、現在のところコロナ・ウイルス感染者の報告はありませんが、それとて信頼できるものではありません。充分にお気をつけください。

下記のことが、必要とされます。

「中国から帰国後,あるいは中国を旅行した人との接触後に発熱,咳,鼻水,咽頭痛,呼吸苦など肺炎を疑う症状が認められた場合は,マスクを着用の上,すぐに病院で診察を受けるようにしてください。」については、

① 信頼できる設備の整った病院で診察を受ける。(例:プノンペンなら、ラタナック・プノンペン病院)

② 海外旅行保険に加入している。

特に②については、高額の医療費が請求される可能性があります。

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel