<駐在員たより> バンコク コロナ禍のナイト・スポット2

タイ

  観光情報

                           

2021年03月23日

<駐在員たより> バンコク コロナ禍のナイト・スポット1の続編です。

<駐在員たより> バンコク コロナ禍のナイト・スポット1

続編は前編同様にバンコク支店の駐在員が実際に散策して見た様子が、今のバンコク・ナイトスポット、喧騒にあふれていた街が嘘のように静まりかえっています。これは21世紀の白日夢の続きか、異次元世界に迷い込んだよう。2020年から始まったコロナ禍の現実なんですね。サリカフェ、有馬温泉、マンゴーツリー、何とも遠い世界になりました。パッポンとタニヤで歩き疲れたらサリカフェへ、値段の割に余り美味しいとはいえなないカフェですが、憩いの場にはもってこいローケーションでした。閉まったのか、何だか残念です。

下記に続編:「<駐在員たより> バンコク コロナ禍のナイト・スポット2」を掲載します。

 バンコク散歩(シーロム・スリウォン地区・後編)

スリウォン通り

タニヤ通りを抜けスリウォン通りへやってきました。スリウォン通りは前回ご案内したシーロム通りの1本北側に位置しています。もし私が「スリウォン通りってどんな所ですか?」と聞かれたら…

メリディアンバンコクやモンティエンホテルバンコクなど多くの高級ホテルが立ち並び、常に老若男女の観光客で溢れかえっている所です。平常時には狭い歩道に露店が犇き多くの観光客や地元のビジネスマン、OL達が肩を触れ合いながらすれ違ってゆく、そしてそんな観光客に声をかける怪しい客引き等々、数あるバンコク繁華街の中でも飛びぬけてカオスな通りです。という感じの答えになります。

そんなカオスなスリウォン通りですが、現在の状況は、平和です。

平和じゃ困るんですけど…

そんなわけで繁華街に向けて歩いてゆく事にします。歩道上の露店ですが、こんな感じで頑張っているお店もありました。

その先のタニヤ通りは前回紹介させていただきましたのでその先の通称マッサージ横丁、横丁入口にある日本人観光客のオアシス「サリカカフェ」あたりへ。

そしてまず目に入ってきたのが真っ黒のサリカカフェ気を取り直してマッサージ横丁を覗いてみます。

明かりが輝いているのは老舗の「有馬温泉」のみのようです。他のお店はサリカカフェ同様全部真っ暗。

マッサージ店はパブやバー同様の営業規制をかけられていましたので経営面でかなり厳しいのかもしれません。マッサージ店自体は地元の人々も訪れるますが、このエリアのお店に関しては観光客依存が極めて高く、相当苦しい状況に陥っているのでしょう。但し同じマッサージ店でも、地元の人も(多くはないですが)訪れる通り沿いのお店はほぼ営業していました。そのまま西へ向かってスリウォン通りを歩き続けます。前回ご紹介したパッポン通りの前に再び到着、せっかくですので夜更けのパッポンの様子もお届けします。真っ暗です。以上

という事で更に西へ向かっていると、珍しい白人ファミリー。この日見かけた唯一の観光客っぽい外国人でした。何かわからないのですがちょっと嬉しくなって一度通りすぎた後に立ち止まって写真を撮ってしまいました。

⑤ターンタワン小路(ソイ・ターンタワン)

ターンタワン小路とはスリウォン通り「タワナホテル」向かい細い小路です。ここには観光客の皆様にはお馴染みのコカレストラン本店や日本に支店を持つ老舗タイレストラン「マンゴツリー」などがあり、観光客など外国人の往来が多い通りです。タニヤ通りやパッポン通りに比べると外国人比率は低く、平常時は観光客比率5割~6割程度でしょうか?特に数字の根拠はありませんが。

スリウォン通り側から見たターンタワン小路の様子がこちらです。

暗いですね。この通りには日本食レストランが何軒か並んでいますが少なくとも半分は閉めている様子。

小路の中へ歩いてゆきます。コカレストランが見えてきました。営業中。さすが「みんな大好きコカレストラン」です。但し1階は全面改装中との事で2階、3階のみの営業との事。なお隣のマンゴツリーも元気に営業しておりました。

日本人観光客常連多数の向かいのラーメン店「ラーメン亭」も営業していますが、スリウォン通り沿いタワナホテル近くにありました筑豊ラーメンの有名チェーン店は無くなっていました。

◎最後に

2回にわたりシーロム・スリウォン通りの様子をお伝えしてまいりました。シーロムオフィス街やタニヤ通りのレストラン群のように既に元気を取り戻しつつある場所もあれば、パッポン通りやマッサージ横丁のようにゼロ(もしくは限りなくゼロに近い状況)から再スタートを切ろうとしている人々もいます。全体を見るとまだまだ足並みは揃っていませんが、年内の観光復活に向けてこれから急ピッチで受け入れ態勢を整えてゆく事になるでしょう。

皆様とバンコクでお会いできる事を心待ちにしております。

ご拝読有難うございました。

SAI TRAVEL サービス バンコク支店 駐在員 」

以上、バンコクの駐在員便りです。駐在員さんのつぶやきが懐かしく思い出される日がきっと来ますよ。皆さん。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP