2018年 身近になる世界遺産「ハロン湾」 高速道路、新空港の開設へ

ベトナム

  観光情報

                           

2018年05月04日

2017年、ハリウッドの大ヒット映画 「キングコング:髑髏島の巨神」を撮影するために使われた世界遺産のハロン湾、2017年前半だけでもハロン湾への訪問者は、前年比12%増で、170万人の外国人旅行者を含む430万人に達していた。2018年はさらに訪問者が増えるだろう。

2017年にヒット。ハロン湾の絶景が、世界に知れ渡った。
ハロン湾はクルーズがお勧め。各種のクルーズが用意されている。
ハノイからの高速道路はいくつかある。それもここ5年のことである。 写真:Webサイトより

そのハロン湾観光にとっての朗報は、2018年3月に完成予定の新しい高速道路。5月現在通行可能の情報は入って来ないが、開通すれば、ハノイからハロン湾までの移動時間がわずか1時間半に短縮されるという。4月現在、ハノイ国際空港からハロン湾までは車で3時間余はかかるのだから、アクセスは格段に良くなる。

また、ハロン湾から約50キロ離れたVan Don国際空港もこの4~5月あたりに開設する予定だった。これもまだ開設したというニュースはない。

この空港、2017年の情報では、3億3,000万ドルの費用を費やし2018年の4~5月に開港予定で、2020年までには200万人の到着を受けるように設計されておおり、さらに2030年までに500万人に受け入れで拡張する予定とのことだった。。当局によれば、2018年に初めて「国家観光年」を、2019年1月に「ASEAN観光フォーラム」を開催できるようにと同空港を開設したい意向である。

いずれにせよ、2018年度中には、ハノイ-ハロン湾間の高速道路、ハロン湾近郊のVan Don国際空港の開設は、国内外の観光客のアクセスを劇的に改善されることは間違いない。ベトナムの観光立国はいまや地に着いてきた感がある。

 

 

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP