2025年までにホーチミン市と南部の州を結ぶ5つの高速鉄道を建設する予定

ベトナム

  お知らせ

                           

2020年12月07日

ホーチミン発 野心的な南部鉄道網プロジェクト

ホーチンミン市は、 2025年までにホーチミン市と南部の州の間の5つの新しい高速鉄道は開通する予定、と発表。これは、商品の円滑な輸送を確保し、ロジスティクスサービスと主要な港間の接続を改善することが目的です。

新しい鉄道路線は、市の人民委員会によって承認された2030年までのビジョンを持って、2025年まで市のロジスティクスセクターのプロジェクトに含まれている。

最初にホーチミン市-ミト―-カントーを結ぶ鉄道路線で、ホーチミン市から始まり、メコン・デルタのミト―市を通り、カントー市を終点する。同路線は、カントー市のアンビン駅を終点とするベトナム・南北鉄道に接続します。この鉄道、将来的には最南端のカマウ州にまで延伸する予定とのことです。

2番目の鉄道路線は、ホーチミン市とタイニン省南部を結ぶ路線で、ホーチミン市の12区のタンチャンヒプ駅でホーチミン市-カントー鉄道に接続する。

3番目の鉄道路線は、ホーチミン市の2区にあるチュ・ティエム駅とロンタン Long Thành 国際空港を結すぶ。

4番目の鉄道路線は、ホーチミン市とカインホア州ニャチャン市を結ぶ予定。

5番目の鉄道路線は、国鉄システムをホーチミン市のニャーベ地区のHiệpPhước港とメコンデルタ州のロンアン Long An 国際港に結ぶ複線鉄道になる。

いずれも野心的なプロジェクトでは、そのためホーチミン市は運輸省に既存の南北鉄道のアップグレードを承認するよう要請しました。どう要請によって、旅客列車の平均速度は時速80〜90 km、貨物の平均速度は時速50〜60kmになる予定です。

  ホーチミン市 ホーチミン=カンボジア国境のモックバイの高速道路の     拡張工事を承認

また、ホーチミン市は既存のホーチミン市-チュンロンとホーチミン市-ロングタン-ドゥジャイ高速道路の拡張を承認し、ホーチミン市-トゥーダウモト-チョンタンとホーチミン市-モクバイの建設をスピードアップするよう省に要請した。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP