3月15日より入国規制大幅に緩和 但しワクチン接種と72時間以内の陰性証明必携

                           

2022年03月20日

ベトナム政府は、3月15日以降、カンボジアを含む外国人の旅行手続きを大幅に緩和し、特定の重要な基準のみを順守する必要があるとした。

3月18日、ホーチミン市のカンボジア総領事館が発表した声明によると、ベトナム政府は、条約法とカンボジアを含む他の国の外国人のための以前の方針に従って、2022年3月15日からすべての種類のビザとビザ免除を再導入することを決定した。

さらに、ベトナムに入国する外国人旅行者は、以下を含む特定の病状を満たす必要があるとおい通知を各国大使館に送付しています。

ここでは、空路で入国する日本人に関してのみの重要事項を下に挙げてみます。

1.航空旅客は、関係国の管轄のPCR検査結果が陰性で、出発の72時間前に有効(2歳未満の子供を除く)であるか、迅速検査結果が陰性であり、関係当局からの有効な証明書があれば24時間のみ有効である必要があります。(要は72時間以内のPCR検査の陰性証明書必携

2. 2歳未満の子供は、Covid-19の検査を受ける必要はなく、Covid-19のワクチン接種を受けておらず、Covid-19に感染したことがないため、両親や親戚と一緒に旅行することができます。(2歳未満の子はワクチン接種なし、感染なしで入国可能

3.入国の乗客は、ベトナム滞在中、規則に従って、医療申告申請書PC-COVIDに入る前に健康を申告し、使用する必要があります。一方、国境では、乗客が熱、咳、喉の痛み、鼻水、鼻づまり、体の痛み、疲労、寒気、味の喪失、頭痛、下痢、困難などのCovid-19の症状があるかどうかも述べています気道の呼吸と炎症は、国境の保健機関に直ちに報告する必要があります。(入国後の感染症状申告の義務

4. Covid-19予防措置の監視と実施のために、すべての乗客は10日間健康を監視し続ける必要があり、上記の症状のいずれかが発生した場合は、すぐに最寄りの保健機関にアドバイスとタイムリーな管理を通知してください。(10日間の自己管理

*ここでは、陸路でベトナム入国する条件は除いてあります。

以上です。

ベトナムは、到着まで72時間PCR検査による陰性証明書が必携です。その他の規制は上記の通りですが、ほぼ条件は陰性証明を除いて撤廃されています。

掲載写真:ベトナム観光局HPより

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP