4月からタイ入国時の隔離期間短縮 14日間が7~10日間に短縮

タイ

  お知らせ

                           

2021年03月22日

タイ政府は新型コロナウイルス感染症対策でタイ帰国・入国時に義務付けている14日間の隔離について、4月1日から期間を短縮することを19日に決めました。

外国人の入国に際して、4月1日以降

◇ 出発前72時間以内の検査で新型コロナ陰性だったことを証明する証明書があり、14日以上前に新型コロナワクチンを接種したことを証明する証明書がない場合、隔離期間は入国から10日間で、隔離期間中に2度、PCR検査を行う。

◇ 出発前72時間以内の検査で新型コロナ陰性だったことを証明する証明書があり、14日以上前に新型コロナワクチンを接種したことを証明する証明書がある場合、隔離期間は入国から7日間で、隔離期間中に1度、PCR検査を行う。

◇ 出発前72時間以内の検査で新型コロナ陰性だったことを証明する証明書がなく、14日以上前に新型コロナワクチンを接種したことを証明する証明書がある場合、隔離期間は入国から7日間で、隔離期間中に2度、PCR検査を行う。

以上ですが、隔離期間中にフィットネスルーム、プールなどを利用することも認められています。

また、タイ保健省が指定する新型コロナ変異株が流行している国・地域から入国する場合は隔離期間14日間が引き続き必要です。

日本の場合どうなるか、タイへご出発の前に、予めご確認ください。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP