D.A.C. Travel 特選の旅 クメール源流紀行 世界遺産:ワット・プー

                           

2018年03月11日

Discover New Asia 編集部より、本誌の紹介をかねて現地発行のPhnom Penh Press Neoに特選の旅をアップしています。 

 ラオスが誇る世界文化遺産:ワット・プーは、クメール民族の最初の王国の地です。

プノンペンから陸路で行くのが最適。途中、見所が多い。

 

世界遺産:ワット・プーへは、カンボジア・プノンペンから陸路で国境を超えて行くのが最適。バスもありますが、乗用車でもラオスに入れます。途中、国境にあるコン・パーペンの連続する豪快な滝群やメコン川中州に広がるコン島はエコツーリズムが盛ん。また、南部ラオスの中心であるパクセーに一泊するならば、東の高原地帯には、豪快な滝や象の保護地域など見所も多い。また、カンボジア側のクラチェの近郊では、メコン川に生息する貴重な野生種・河イルカの跳躍が身近に見られます。

ワット・プー寺院遺跡の参道。両側にバライ(聖池)、山の中腹に最奥の本殿がある。

① 特集 クメール源流紀行 世界遺産 ワット・プー No.1へ 

Follow me!

インドシナ3国、タイ、ミャンマーへのご旅行をお考えの方は

New Sai Travel