IATA、乗客全員の新型コロナ検査実施と隔離措置撤廃を主張

タイ

  お知らせ

                           

2020年09月24日

IATA(国際航空運送協会)は、新型コロナウイルスによって既に航空業界全体では4,000億ドル(約42兆円)以上の収益を失ったとし、乗客に対しては搭乗前の新型コロナ検査実施を徹底する一方、到着後の隔離措置は無くすべきとの見解を発表しています。

同声明では、搭乗前に行うことができる迅速・正確・安価・体系的な新型コロナウイルス検査の開発及び展開を訴えるとともに、現在各国政府が旅行者に課している到着後の隔離措置が国を越える移動を非現実的なものにしていると改めて主張。隔離措置を無くすことが、自由な移動の再開に繋がると強調しています。

IATAではこれら問題の早期解決のためにICAO(国際民間航空機関)や各国保健機関とも今後協議していくと述べている。

日本政府は、出国時のPCR検査・陰性証明の全額自己負担(5万円以上)、

直ちに是正を!

なお、日本においては、出発前の35時間以内のPCR検査・陰性結果の診断書が全額自己負担(5万円以上)とされている現状は、早急な是正が必要とされる。出国時のこうした新たな負担は、事実上日本経済を事実上停滞させている

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP