JAL 9月のタイ、ベトナム路線を減便に

ベトナム

  お知らせ

                           

2020年08月16日

日本航空(JAL/JL、9201)は8月14日、9月の国際線計画を一部見直し、増便や減便を実施すると発表した。期間は1日から30日まで。

東南アジアや北米の路線は一部を増便する一方、タイやベトナム方面は旅客便の運航制限が続いているため、追加減便を実施する。今回の見直しで、9月の国際線は計画していた60路線4740便のうち60路線4168便が減便対象となり、減便率は88%になる。

東南アジア路線は、成田-クアラルンプール線(JL723/724)、成田-ジャカルタ線(JL725/726)、羽田-ホーチミンシティ線(JL79/70)、羽田-マニラ線(JL77/78)、成田-マニラ線(JL745/746)を増便するが、一方で、運航制限の関係で羽田・成田-バンコク線成田-ハノイ線成田-ホーチミンシティ線追加減便する。

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel