JICA調査 ハノイとホーチミン市の通勤者がメトロを利用する意思あり

ベトナム

  お知らせ

                           

2020年10月25日

調査回答では市民の地下鉄利用に好意的

JICAは、2019年3月から先月までにハノイの1号線と2号線、ホーチミン市の1号線を含む3つの都市鉄道について調査を実施し、その結果を23日(金曜日)にハノイで発表した。

ホーチミン市の回答者の大部分(81%)は、「メトロを運営するときに使用しますか?」という質問に「はい」と答えた。ハノイの回答者の約66%が1号線メトロ(NgọcHồi-YênViên)を利用する意思があり、インタビューを受けた回答者の30%が2号線メトロ(NamThăngLong-TrầnHưngĐạo)を利用する回答があった。調査チームによるとハノイの2号線の料金は、1号線のすべてのサービスと鉄道インフラが整っており、人々がより積極的に利用できるため、1号線よりも低かった。調査によると、両都市で電車を利用したくない通勤者が言及した最も一般的な理由は、不便なルートと、車やバイクなどの自家用車を好むことでした。

 大気汚染の原因であるCO2の減少を期待

ベトナムの運輸部門は、日本とベトナムの両方でCO2排出量にかなりの量を占めており、大気汚染の原因ともなっている。日本のCO2排出量の約19%は運輸部門からのものであり、ベトナムでは23%であると彼は述べた。

東京、ハノイ、ホーチミン市はすべて急速に成長している都市部です。東京では毎日の旅行に鉄道を利用する通勤者が多く、日本はマニラ、ムンバイ、ニューデリー、ジャカルタ、バンコクなどの大都市よりも交通渋滞が少ないです。一方、ハノイとホーチミン市では、大多数の人々(60〜80%)がバイクを使用しており、交通渋滞や大気汚染も高いと日本の専門家は述べています。

両市の地下鉄利画に日本が貢献

ハノイは全長318.9kmをカバーする8つの地下鉄路線を建設する計画であり、ホーチミン市は174kmに6つの都市鉄道ルートを建設することを望んでいる。

ホーチミン市の地下鉄とハノイの地下鉄の1号線は、JICAの支援を受けて建設中並びに建設されたものである。です。

*画像:vietnamnews.vnより

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel

PAGE TOP