Vietjet Air、11月に関空ーハノイ、12月に関空ーホーチミン線が就航へ

ベトナム

  お知らせ

                           

2018年07月14日

動画:YouTubeより。

過激な宣伝で何かと話題になるVietJet Air

過激な宣伝と破格のキャンペーンで何かと話題になるベトナムの格安航空会社(LCC)最大手VietJet Air(ベトジェット航空)が、いよいよ日本路線に本格参入する。7月14日に報道によれば、VietJet Airは関西国際空港とノイバイ国際空港(ハノイ)を結ぶ直行便を11月8日から就航するという。さらに関空国際空港=ホーチミン路線を12月14日に開設するという発表も行われた。

画像:VietJet Air HPより

◇ 関西空港=ノイバイ国際空港(ハノイ)路線 デイリー運航。

関空発9:20-ノイバイ国際空港(ハノイ)着13:05・・・各現地時間 所要4時間。

ノイバイ国際空港(ハノイ)発01:40-関空着7:50・・各現地時間 所要4時間。
◇ 関西空港=タンソニャット空港(ホーチミン)路線 デイリー運航。

関西空港発9:30-タンソニャット空港着(ホーチミン)13:30・・・各現地時間 所要4.5時間。

タンソニャット空港発(ホーチミン)01:40-関西空港着8:30・・各現地時間 所要4.5-5時間

先ずは、ベトナムからの訪日客が急増している現状、特に桜や紅葉の季節観光増を見越して関西空港に進出したようだ。VietJet Airは、さらに成田、羽田への就航も視野にいれているのだろう。

2018年7月現在。VietJetの国際路線。急速に拡大している。
画像:VietJet HPより

2018年7月14日現在、ANA-Vietnam Air、JAL-VietJetの提携、日本とベトナム空路をめぐって、両国の二大航空会社が競う構図となった

さらにVietJetは、この7月にJAL(日本航空)と2018年以降、相互にコードシェア(共同運航)を行うほか、マイルによるサービスなども提携対象として検討していくいう覚書を締結している。JALは先にVietnam Air(ベトナム航空)と提携してたが、2016に提携を解消している。その後、Vietnam Air(ベトナム航空)はANA(全日空)と提携しコードシェア(共同運航)を行っている。

 

 

Follow me!

  NEW SAI TRAVELのお勧めの旅   カンポット州野鳥保護区

New Sai Travel